〈MUKUの性能・保証・アフター〉

HOME | Mukuの性能 | 性能・保証アフター

◆ 性 能

家づくりの基礎。

隠れてしまうから、差が出る場所。

Mukuの家づくりの考え方は「見えない場所ほど手間をかける」です。見えない場所は、普段目にすることが無く、一度施工してしまうとなかなかやり直しが効かない場所だからです。家づくりにおける基礎はその最たる部分。コンクリートが固まってしまえばその違いは分かりにくく、だからこそ家づくりに対する考え方がよく現れます。Mukuでは独自開発した基礎型枠を使い堅牢な基礎を実現します。鉄筋のデザイン、コンクリート強度までこだわった一体成型の基礎はMukuの理念です。
 
 

太い柱にはワケがある。

Mukuの家は太角柱で、ガッチリ。


柱と梁で建てる軸組の木造住宅では「柱に穴をあけて梁を差し込む」組み方ですので実質的に穴をあけた部分の柱が細くなってしまいます。このことを断面欠損と呼び、木造軸組住宅の大きな注意点がここにあります。(建築基準法にも明確な基準が設けられていません。)
Mukuはこの柱の断面欠損に配慮し、要所※に太い柱を標準仕様としています。太い大黒柱に感じる安心感を構造の視点でとらえると「断面欠損が少ない」ということなのです。
※大黒柱を始めとする通柱、家の隅に配置される柱、外部の柱、その他構造上重要な柱

地震は繰り返しやってくる。

Mukuの家は繰り返し地震に強い制震ダンパーを標準採用しています

Mukuでは来るべき地震に備えて耐震に加えて、制震にも力を入れています。
制震とは地震エネルギーを吸収して建物の揺れを低減する技術です。耐震のみですと繰り返しの地震により建物にダメージが蓄積するので強度がどんどん低下していきます。制震部材を用いて建物の揺れを低減させることによって筋交や面材など構造部材の損傷を低減させることが出来ます。耐震×制震の相乗効果で大切なお家を守ります。
 
TRCダンパー
https://www.sumitomoriko.co.jp/trc-damper-wh/product/performance.html

木の家には外断熱。

Mukuの家が実現する、快適に長く住める家づくり

 外張り断熱では、柱や筋かいなど構造躯体の外側に断熱材を置きます。この方法はにはたくさんのメリットがあり、構造躯体の外側を断熱材で覆うことにより外気に触れる部分がすべて同じ熱伝導率になるので熱橋※(ヒートブリッジ)が起こりません。構造躯体内は室内の気候とほぼ同じになり内部結露が抑えられます。また壁体内に空気が流れるので木にまた構造躯体と断熱材が明確に分かれているためそれぞれの役割が十分に発揮されます。

Mukuの家は地震に強い家です

構造用合板を使わず耐震等級、住宅性能評価を取得できます。

Mukuでは構造用合板を使わずに耐震性を確保することにこだわっています。構造用合板はJIS規格(日本工業規格)で決められた材料ですので、家の外周部、床の下地など合板をネジで止めてしまえば「安易に,誰でも」耐震等級をアピールした家を作ることが出来ます。しかしMukuの家づくりでは「地震に強い」ことと「空気がきれい」なことはどちらも絶対に譲れない条件です。私たちはこれまで長期優良住宅の前身であり、より高度な条件を要する「長期優良住宅先導的モデル事業」に三重県で最も多く採択されました。以降合板を使わずに耐震性を上げる研究を行い日々技術をブラッシュアップしています。
 

※証明書の取得には別途申請費用が必要となります。



ホームホーム
会社案内会社案内
アクセスアクセス
無料相談会無料相談会
無料相談会無料相談会
プライバシーポリシープライバシーポリシー

三重県の注文住宅 無垢と自然素材で作る家

   Copyright ©SEKO JUKEN co.,ltd . All Right Reserved.